【Raspberry Pi】ラズパイを無線LANに接続する

Raspberry Pi 3 Model BやPi Zero Wには無線LAN(Wi-Fi)が内蔵されましたが、接続するには少し手順が必要です。手順と言ってもそこまで難しくありません。その手順をまとめておきます。ツールを利用する方法とコマンドを実行する方法がありますので、お好きな方を選択してください。

Wi-FiのSSIDとパスフレーズを調べる

これをしないとはじまりませんね。
お使いの無線LANの取扱説明書等を参照し控えておいてください。

設定ファイルを作成

調べた中では2通りの方法がありますが、おすすめは①のツールを利用する方法です。
すでにSSH接続できる場合は②のコマンドを実行する方法が良いかと思います。

①ツールを利用する方法

以下の手順で進めてください。

  1. wpa_supplicant.conf作成にアクセス
  2. SSIDとパスフレーズを入力
  3. [追加]をクリックします
  4. [wpa_supplicant.conf作成]をクリックしてファイルをダウンロード
  5. ラズベリーパイの電源を落としてSDカードを抜く
  6. PCとSDカードを接続し、ダウンロードしたwpa_supplicant.confをSDカードの直下(一番上の階層)にコピーする
  7. SDカードを抜いてラズベリーパイに入れて電源を入れる

②コマンドを実行する方法

すでにSSH接続できる場合はこちらの方が手順が少ないかと思われます。

  1. 以下のコマンドを実行(SSIDPASSPHRASEは実際の値を入れてください)
    sudo sh -c 'wpa_passphrase SSID PASSPHRASE >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'
  2. パスフレーズがファイルに記録されているのでnano等で#pskを削る
    nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
  3. rebootで再起動。有線LANは抜いておき 無線LANでSSH接続できるか確認

参考にしたサイト

以上です。

sugar

社会人6年目Web系担当SEです。 一人暮らしなので家事で役立つ系の記事も書いていきます。 仕事ではGoogle先生のお世話になりつつガシガシとHTML5, CSS3, Javascript, Javaを書いています。 寿司とビールとYUKIが好き。