【Raspberry Pi】VoiceTextでラズパイを喋らせる

(更新:2018/4/24)

HOYA社製Voice TextVoiceText Web APIを使って
ラズベリーパイ3(Raspbian Jessie)を喋らせる方法をまとめました。
かなり簡単です。感謝。テレビ東京系列のモヤモヤさまぁ~ず2でお馴染みのナレーションを喋らせることもできますよ!

前置き

既に

用意が出来ているものとします。

 

API無料利用登録

まずは下記URLから無料利用登録を行います。

新規登録画面

名前、メールアドレス、企業名/部署名、利用目的を入力します。
正直に答えてください。

すぐにAPIキーがメールで送られてきます。これをあとで利用します。

curlをインストール

既にインストール済みなら飛ばしてください。
以下を実行します。

sudo apt-get install curl

喋らす

 

YOUR_API_KEYを自分のAPIキーに置き換えて以下を実行します。
コロン(:)は消さないでくださいね。
すると喋ります!いろいろ変えたい場合はAPIマニュアルを参照してください。

curl "https://api.voicetext.jp/v1/tts" \
 -u "YOUR_API_KEY:" \
 -d "text=おはようございます" \
 -d "speaker=hikari" | aplay -q -

最後のパラメータspeaker(話者)を切り替えることによって声を変えられます。

  • show(男性)
  • haruka(女性)
  • hikari(女性)
  • takeru(男性)
  • santa(サンタ)
  • bear(凶暴なクマ)

show君がモヤさまのナレーターです。こんな感じ

curl "https://api.voicetext.jp/v1/tts" \
 -u "YOUR_API_KEY:" \
 -d "text=これはなんなんスかね。" \
 -d "speaker=show" | aplay -q -

楽しい…。
シェルファイルを作ってコマンドから簡単に喋らせるのも良いですね。

cd ~
nano voicetext.sh

voicetext.sh

#!/bin/bash
curl "https://api.voicetext.jp/v1/tts" \
 -u "YOUR_API_KEY:" \
 -d "text=$1" \
 -d "speaker=show" | aplay -q -
./voicetext.sh "これはなんなんスかね。"

以上です。

sugar

社会人6年目Web系担当SEです。 一人暮らしなので家事で役立つ系の記事も書いていきます。 仕事ではGoogle先生のお世話になりつつガシガシとHTML5, CSS3, Javascript, Javaを書いています。 寿司とビールとYUKIが好き。